2007年01月26日

山口での真矢さん

宝塚での龍馬役以来、どんどん龍馬に惹かれたという真矢さん。
龍馬が維新に目覚めた地をまわり、撮影をこなしながらも、初めて訪れた萩・下関の景色をしっかり目に焼き付けているようでした。

真矢さん、美しいのはもちろんexclamation×2
ほかに私の受けた印象は、「とても知的な方」

松下村塾に来られたときも、ディレクター(萩出身)の龍馬の説明を真剣に聞いておられました。
そして塾内や展示物も、「撮影前に」じっくり見ることはありません。
真矢さんのコメントのひとつひとつが、カメラの前で初めて見て真矢さんの心から出てきた感動の言葉なのです。

景色を見ても、石碑を見ても、写真を見ても、博物館に行っても・・・
綺麗な目をさらに輝かせながら、龍馬の歴史に触れていました。


明倫館での撮影。
当時のままの古い道場。
真矢さん「お稽古のときにみんなが一生懸命を磨いてきたんだろうな、床がピカピカ光ってる・・・」
と言いながら、360度じーっと道場を見つめられていました。

下関の長府博物館。
高台にあるので、海まで見えます。
それを発見された真矢さんはここでも感動。
寒い中でしたが景色をじっくり眺めておられました。

博物館の中にある「新政府綱領八策」
真矢さん「これが新政府綱領八策!宝塚の舞台でこのシーンがあったんです。まさか本物が見られるなんて・・・」と感激。
博物館を出発するときも、「まだ見ていたいな」と名残り惜しそうにされていました。

ご一緒にロケをまわらさせていただいて、本当に龍馬が好きなんだなぁというのがとても伝わってきました。


そしてとても優しい方!
初対面の私たちにも撮影の合間に話しかけていただいたりと、暖かく接してくださいました。
現地のファンの方にも笑顔で応えられる真矢さん。
テレビでしか拝見したことのなかった真矢さん、実際にこんなに近くでお会いでき、ますますファンになりました。

真矢さんは、自然に人を惹きつけてしまう、魅力あふれた方です。
そして本当に龍馬が大好きという真矢さんのたどる
「坂本龍馬ミステリー」
私も放送がとても楽しみです。

そして明日、東京での収録!
魅力いっぱいの番組になるよう収録に臨んできますexclamation×2


posted by yab村中智絵 at 16:07| Comment(0) | 真矢みきさんってこんな人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。