2007年01月25日

坂本龍馬と真矢みきさん

お待たせしました〜
広島ホームテレビ奥村奈津美です黒ハート
今日は真矢みきさんとのインタビューを大公開グッド(上向き矢印)

皆様、ご存知でしたか?
真矢みきさんはなんと!広島県南観音生まれなんですよ〜
しかも有名な観音ネギのネギ畑の前で4歳まで育ったそうです。
「4歳だから、ネギしか覚えていないのよ〜」と嬉しそうに話す真矢さんがとても可愛かったです揺れるハート
お好み焼きに観音ネギは欠かせないんだとか!
広島に縁があったと聞き、すごく親近感が沸きました。
ちなみに鞆の浦は今回が初訪問ぴかぴか(新しい)
海好きという真矢さんは特に瀬戸内海が大好きなんだそうです。

Z3.JPG

ではでは緊張のインタビューの模様をどうぞわーい(嬉しい顔)

奥村:広島ロケお疲れ様でした。
真矢さん:お疲れ様でした。皆さんに優しくしてもらいました。ありがとうございます。
奥村:いかがでしたか?
真矢さん:番組なんですが、個人的にノスタルジックさと、まだ残されたミステリアスな部分とが私を向上させてしまって、仕事とかそういうことじゃなくて、自分が一番探求させてもらっている。そういうのが伝わるんじゃないでしょうか
奥村:遠くからずっと真矢さんのことを観察していたのですが、全てのことに対して、坂本龍馬大好きハートたち(複数ハート)っていうのが滲み出ていて・・・
真矢さん:もう大好きなんですよ〜黒ハート彼に出会ったことで、人生観とか考え方とか変わったんですよ
奥村:最初に出会ったっていうのは?
真矢さん:出会ってないけど(笑)
宝塚で坂本龍馬を題材にした舞台が初主役でもらえたんですよ。その時に出会いまして。司馬さんの本とか、ちっちゃい子が読む漫画とか、歴史の本、映画とか全部読みあさって見あさって・・・
いろんな龍馬像って、同じ人物、一人の人物なのに、いろんな側面から見る龍馬像があるんだな〜と思ったら、どんどんどんどん惹かれていって
一番惹かれたのが彼の志していることや考えていることが、マニュアルに沿ってない独自の生き方で、どの社会でも、今でも、新しいことする人には反発される部分とか
まあ向かい風ですからね〜なかなか厳しいところがあるとは思うんです。
特にあの時代だし、150年も前だし、そこをね〜世界のスケールで考えていたという彼の広さと柔軟さが好きなんですよね。魅せられましたよねーあれからずっと
奥村:坂本龍馬ってどんな存在ですか?
真矢さん:私にとって?私にとって・・・とにかく一目出会いたかった。でもこのニアミスしたことがとってもミステリー。出会わないことも最高!とにかくこういう人物が日本にいたんだということが励みになる。
奥村:例えばもし坂本龍馬と出会っていたらどうでしょうか?
真矢さん:えっやっぱり私は幕末の志士の方でね、一人入れてほしかった。
新しいことを話し合ってまた一つのことを世界に向けてやってみたかったかな
奥村:私の中ではもし出会っていたら惚れていたのかなって思うような側面もあって
真矢さん:彼女の方でしょ?
奥村:真矢さんはどっちなのかなと・・・やっぱり男性目線ですか?
真矢さん:そんなことはないんだけどね(笑)
幕末の男性たちを愛する女性って本当にどこか凛として強くて、男性以上にどこか強いものがないと愛せなっかったかもしれない。激動の時代だと思うのね。
男性ももちろん大変なんだけど七つの海に乗り出していくような刺客とかに追われるような間隔毎日。幕末のロマンがありますよね海援隊の一員とかね
奥村:このロケ旅を通して、真矢みきさんの中でここが一番見どころだと思うのは?
真矢さん:この旅をまだ途中なんですが、京都の寺田屋に予約して半年待って泊まったり
長崎に刀傷がある、全部行ってたんですけど
桂浜に寝てみたし、司馬遼太郎さんの本の冒頭をやってみないとやっぱり竜馬は演じられないかなと。海とかはやっぱり昔と風景は変わっていないからこのままだろなと
あの人の目に映ったものもな〜今回やっててこれほど龍馬さんを身近に感じられる旅はないとぞくぞくする。
奥村:本当に龍馬がここにいたんだっていうのがしみじみと、しんしんと伝わってくるようなロケだったということでしょうか?
真矢さん:そうですね
だから今までは本とか映画とか文章から痛快なところ男らしい彼の痛快な走りが見えていたんだけど、繊細な部分とか孤独な部分とか今まで見えなかった竜馬の側面が山ほどでてきてそれに目から鱗の毎日ですね。
奥村:そんな真矢さんが新しく発見した坂本龍馬の魅力は、VTRの中からも伝わってくるのではないでしょうか
真矢さん:番組をご覧になっている方にも伝わると思いますね
みなさんにも脱藩の道を一度歩いていただいて、ご自分の歩かれた半生も龍馬の足取りと一緒に浮かべていただいて、すごくロマンティックだと思いますけれどもね
奥村:そうですね〜番組を見てから、真矢さんと同じように、坂本龍馬ゆかりの場所を訪ねてみるのも楽しいかもしれませんね!
今日は本当にありがとうございました。
真矢さん:ありがとうございました〜

О??????2s.jpg

真矢さんは、いるだけで引き込まれるような美オーラを持っている方なのですが、目を見て話していると本当に吸い込まれそうになりました。
インタビューの時間は10分もなかったのですが、幸せすぎて、
このままずーっと話していたい・・・そんな風に思ってしまうほど惹かれる方でした。

素敵な時間をありがとうございました。

Z1.JPG???? 003.jpg









P.S. もっとインタビューがんばります。




posted by HOME奥村奈津美 at 17:03| Comment(4) | 真矢みきさんってこんな人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
真矢さんと坂本龍馬についてのインタビュー読み応えありました!南観音のお生まれとは知らなかったです。写真もバッチリ撮れてますね!みきさん美しい!まるで龍馬像?ますます番組早く見たくなりました!!。
Posted by おりょう at 2007年01月25日 19:57
みきさんだぁ!と思って、喜んで
いたら、この番組、高知じゃ放送
されてなさげで、残念(笑)
Posted by わるぱ at 2007年02月09日 00:04
坂本竜馬に関しての番組の宣伝のため非常に期待していたが、失望、ゲストのレベルが低く、竜馬についてまともに語れるひとがいない、目先の笑いで番組の進行を図り、お笑い番組のような内容であつた。たとえば剣の達人の竜馬がなぜ簡単に切られたか?まんじゅうを食べていて手を出せなかつた。冗談にしてもこの場面での発言としてはお粗末としか言いようがない、残念な番組でした。
Posted by 川野 裕 at 2007年03月05日 20:01
番組の感想、ありがとうございます。
スタジオ部分は確かにお笑いの要素を取り入れ、楽しく展開していましたが、VTR部分では龍馬のことをすごく勉強されている真矢みきさんがリポートされており、さらに専門家の先生のコメントもありました。
どんな人にも、坂本龍馬に入りやすいように・・・という思いから、スタッフで試行錯誤した結果、このような番組になりました。
龍馬「入門編」と思って許していただければと思います。
Posted by 奥村奈津美 at 2007年03月08日 10:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。