2007年01月25日

坂本龍馬と真矢みきさん

お待たせしました〜
広島ホームテレビ奥村奈津美です黒ハート
今日は真矢みきさんとのインタビューを大公開グッド(上向き矢印)

皆様、ご存知でしたか?
真矢みきさんはなんと!広島県南観音生まれなんですよ〜
しかも有名な観音ネギのネギ畑の前で4歳まで育ったそうです。
「4歳だから、ネギしか覚えていないのよ〜」と嬉しそうに話す真矢さんがとても可愛かったです揺れるハート
お好み焼きに観音ネギは欠かせないんだとか!
広島に縁があったと聞き、すごく親近感が沸きました。
ちなみに鞆の浦は今回が初訪問ぴかぴか(新しい)
海好きという真矢さんは特に瀬戸内海が大好きなんだそうです。

Z3.JPG

ではでは緊張のインタビューの模様をどうぞわーい(嬉しい顔)

奥村:広島ロケお疲れ様でした。
真矢さん:お疲れ様でした。皆さんに優しくしてもらいました。ありがとうございます。
奥村:いかがでしたか?
真矢さん:番組なんですが、個人的にノスタルジックさと、まだ残されたミステリアスな部分とが私を向上させてしまって、仕事とかそういうことじゃなくて、自分が一番探求させてもらっている。そういうのが伝わるんじゃないでしょうか
奥村:遠くからずっと真矢さんのことを観察していたのですが、全てのことに対して、坂本龍馬大好きハートたち(複数ハート)っていうのが滲み出ていて・・・
真矢さん:もう大好きなんですよ〜黒ハート彼に出会ったことで、人生観とか考え方とか変わったんですよ
奥村:最初に出会ったっていうのは?
真矢さん:出会ってないけど(笑)
宝塚で坂本龍馬を題材にした舞台が初主役でもらえたんですよ。その時に出会いまして。司馬さんの本とか、ちっちゃい子が読む漫画とか、歴史の本、映画とか全部読みあさって見あさって・・・
いろんな龍馬像って、同じ人物、一人の人物なのに、いろんな側面から見る龍馬像があるんだな〜と思ったら、どんどんどんどん惹かれていって
一番惹かれたのが彼の志していることや考えていることが、マニュアルに沿ってない独自の生き方で、どの社会でも、今でも、新しいことする人には反発される部分とか
まあ向かい風ですからね〜なかなか厳しいところがあるとは思うんです。
特にあの時代だし、150年も前だし、そこをね〜世界のスケールで考えていたという彼の広さと柔軟さが好きなんですよね。魅せられましたよねーあれからずっと
奥村:坂本龍馬ってどんな存在ですか?
真矢さん:私にとって?私にとって・・・とにかく一目出会いたかった。でもこのニアミスしたことがとってもミステリー。出会わないことも最高!とにかくこういう人物が日本にいたんだということが励みになる。
奥村:例えばもし坂本龍馬と出会っていたらどうでしょうか?
真矢さん:えっやっぱり私は幕末の志士の方でね、一人入れてほしかった。
新しいことを話し合ってまた一つのことを世界に向けてやってみたかったかな
奥村:私の中ではもし出会っていたら惚れていたのかなって思うような側面もあって
真矢さん:彼女の方でしょ?
奥村:真矢さんはどっちなのかなと・・・やっぱり男性目線ですか?
真矢さん:そんなことはないんだけどね(笑)
幕末の男性たちを愛する女性って本当にどこか凛として強くて、男性以上にどこか強いものがないと愛せなっかったかもしれない。激動の時代だと思うのね。
男性ももちろん大変なんだけど七つの海に乗り出していくような刺客とかに追われるような間隔毎日。幕末のロマンがありますよね海援隊の一員とかね
奥村:このロケ旅を通して、真矢みきさんの中でここが一番見どころだと思うのは?
真矢さん:この旅をまだ途中なんですが、京都の寺田屋に予約して半年待って泊まったり
長崎に刀傷がある、全部行ってたんですけど
桂浜に寝てみたし、司馬遼太郎さんの本の冒頭をやってみないとやっぱり竜馬は演じられないかなと。海とかはやっぱり昔と風景は変わっていないからこのままだろなと
あの人の目に映ったものもな〜今回やっててこれほど龍馬さんを身近に感じられる旅はないとぞくぞくする。
奥村:本当に龍馬がここにいたんだっていうのがしみじみと、しんしんと伝わってくるようなロケだったということでしょうか?
真矢さん:そうですね
だから今までは本とか映画とか文章から痛快なところ男らしい彼の痛快な走りが見えていたんだけど、繊細な部分とか孤独な部分とか今まで見えなかった竜馬の側面が山ほどでてきてそれに目から鱗の毎日ですね。
奥村:そんな真矢さんが新しく発見した坂本龍馬の魅力は、VTRの中からも伝わってくるのではないでしょうか
真矢さん:番組をご覧になっている方にも伝わると思いますね
みなさんにも脱藩の道を一度歩いていただいて、ご自分の歩かれた半生も龍馬の足取りと一緒に浮かべていただいて、すごくロマンティックだと思いますけれどもね
奥村:そうですね〜番組を見てから、真矢さんと同じように、坂本龍馬ゆかりの場所を訪ねてみるのも楽しいかもしれませんね!
今日は本当にありがとうございました。
真矢さん:ありがとうございました〜

О??????2s.jpg

真矢さんは、いるだけで引き込まれるような美オーラを持っている方なのですが、目を見て話していると本当に吸い込まれそうになりました。
インタビューの時間は10分もなかったのですが、幸せすぎて、
このままずーっと話していたい・・・そんな風に思ってしまうほど惹かれる方でした。

素敵な時間をありがとうございました。

Z1.JPG???? 003.jpg









P.S. もっとインタビューがんばります。






posted by HOME奥村奈津美 at 17:03| Comment(4) | 真矢みきさんってこんな人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

真矢さんのような素敵な女性になりたいな☆

瀬戸内海放送 小室早弥香でするんるん
きょうは1月18日に香川県佐柳島で行われたロケに同行取材したときの、
真矢さんの印象やインタビューの内容などについてお話しますグッド(上向き矢印)

私から見た真矢さんの印象はー
きりりっとした表情透き通るような肌ぴかぴか(新しい)澄み切った力強い目目が魅力的

そして
長いセリフを次から次へと覚えては、なんなく演じていく聡明さがあって
スタッフを気づかう優しさもある(愛媛朝日テレビの浦本さんの23日のブログを読めば、その優しさは一目瞭然ですよね〜目

まさに真矢さんは「こんな女性になれたらいいなぁ」と思い描く
私の理想そのものなんですぴかぴか(新しい)

さて、佐柳島での香川ロケでは、
ロケ終了後、インタビューさせていただきました揺れるハート

猫まずは、今回初めて香川にいらした真矢さん
小室「香川の印象はいかがですか?」

真矢さん「母なる海のような、静けさの中にあったかみのあるような。
大人になっていい時に来たなと思っています」


猫香川といえばexclamation&questionさぬきうどんですよねわーい(嬉しい顔)

小室カラオケ「うどんは召し上がりました?」

真矢さんかわいい「昨日いただきましたよ!おいしかった。
つるっつるで、光っていてぴかぴか(新しい)1本1本残すのがもったいないくらいでした」


そうです!実は真矢さん、前日の打ち合わせの段階で
うどんが食べたいとおっしゃっていたんです!

今回はロケも天気に恵まれて、香川ならではの食や自然を
堪能して帰っていただけたのではないでしょうかわーい(嬉しい顔)

猫そして最後に、
真矢さんに美しさを保つ秘訣について質問させていただきました!

しかし、真矢さんから返ってきた答えは・・・
「香川のように自然豊かなところで新鮮な食べ物をとってたらキレイになるんだろうな〜って思いました」
これはちょっっと意外な回答でした目


それからひらめきこれはインタビュー前のエピソードなんですが
(小室は、恐れ多くもexclamation&question)真矢さんの「はな歌」を間近で
聞くことができましたexclamation×2
秒数にしたら5〜6秒のほんのわずかな時間でしたが、
それでも、と〜〜っても歌が上手いことが分かりましたよるんるん
(比べるのもおこがましい話ですが、
私が担当している「ふるさと一周!各駅停車」ロケで
あまりに歌声がお粗末だったためにカットになった私とは雲泥の差ですがく〜(落胆した顔)

こんなふうに魅力いっぱいの真矢さん。1月31日がお誕生日です。
少しはやいですが、お誕生日おめでとうございますバースデー

さて、「真矢みきの坂本龍馬ミステリー」は
今週の土曜日、いよいよ東京でのスタジオ収録があります。
出演者はペナルティのお二人、島崎和歌子さん、磯山さやかさん。
私は進行役として頑張ります手(グー)
posted by KSB小室早弥香 at 02:19| Comment(0) | 真矢みきさんってこんな人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。